菊池行記関連ライブ履歴


■2012.02.09@ K.D.JAPON

CINDYTALK (from UK) / The National Grid / MANGIRL + Fe26 / 菊池行記 + 谷浦朋文

(TestToneMusic企画)


■2012.01.21 cafe pawrl

永井晶子 (p,from NY) /臼井康浩(g) /菊池行記(erectoronics) / 中川裕貴(cello)


■2012.01.14 @51

むちゃぶりShowdown Live:菊池行記 VS 河村陽介/PHIRIP VS 1980円/武藤宏之 VS Kaseo DJ: TP会長桜井/Xu MC: Craftwife


■2012.01.29  cafe domina:second faktoria

菊池行記/Fe 26/Kaseo/サブリマコト DJ: Xu/Lejewo/TP会長桜井/s/m/d-four VJ: Yum


■2011.09.28 @ ALHAVILLE Electronics Meditation

出演:亀田暁彦/菊池行記/東洋之/楠後譲/小野浩輝/金子ユキ

(TestToneMusic企画)


■2011.11.27(日)@ カルヴァドス

地と図 vol.42 Brian Labycz(シカゴ)/ 柳川芳命 / 菊池行記 / POCA / CAVEMAN.a.k.a 村上ゴンゾ

(TestToneMusic企画)


■2011.09.10 (土)@アクテノン

sandmachine+すう(ダンス)


■8/6(土)@本山シマウマ書房

INTER STREAM music and talks in シマウマ書房vol.1

演奏:菊池行記 / POCA

小咄:安田 幸宏(NGOOレコード 四日市)and 食パン(編集者)

(TestToneMusic企画)


■2011.05.21(土)@桜台pool

Discord Proving Ground chap10.0

sim [大島輝之、大谷能生、植村昌弘]

HANAYO

Billy?

effective dose

米本実 [米本電音研究所]

Defektretts + MIZUHO

DIRECT LIGHTNING STROKE

supported by 黒電話666


■2011.05.28(土)@ K.D.JAPON   TestToneMusic presents vol.8 ~SINGURALITY POINT~

Zbigniew Karkowski+atsuko nojiri(映像) / Billy?+清水麗軌(映像) / dislocation+misqui / 武藤宏之+小埜涼子+臼井康浩+Fish on

(TestToneMusic企画)


■2011.04.26(火)名古屋cafe pawrl

フェルナンド・カブサッキ(g) 渓(g) 菊池行記(electronics.) 聖澤聡(sax)


■2011.04.22(金)@FULL HOUSE

小山彰太 / Azur / sandmachine / 石渡岬 / 小林雅典 / 後藤博


■2011.04.05(火)@K.D.JAPON   TTM presents vol.7

菊池行記(erectronics)×TimOlive(音響)×古橋栄二(パフォーマンス)

Amazing! Chaos and Discipline(ガイ•岡崎豊廣•坂巻めぐみ)

HIRU

(TestToneMusic企画)


■2011.03.18 (FRI)岐阜51<LIVE>MARUOSA/REIGHT-ONEfeat.FEEDBACKORCHESTA/ANSONIC/MANGIRL/SALMONELLA<LIVE PAINT>MASDA 18:30START 1500YEN


■2011.3.19 (土) @千種カルヴァドス 『地と図vol.34』 start / 19:30 adv/door \1500 (1drink付) ■山沢輝人(tenor-sax)+菊地行記(electronics) ■武藤宏之(electronics)+柳川芳命(alto-sax)


■2011.02.27(日)@K.D.JAPON

Junko [from 非常階段] + ANSONIC [菊池行記 + 武藤宏之 ]

oRu [小埜涼子 / sax + 十三 / drums + 来島里奈 / violin]

picotek


■2011.01.29 (土)

@ 浜松ルクレチア

・INCAPACITANTS[F.KOSAKAI+T.MIKAWA/非常階段]

・ANSONIC(菊池行記+ 武藤宏之)

・金属短波放送

・ENDON

・庭

・virusRoom

[BOOTH]

M.A.S.F.


■2010.02.06「NOX:PM 2」常滑見学ノイズバスツアー

出演:

菊池行記 / craftwaife / Kaseo / タニウラトモフミ

亀田暁彦 / PHIRIP / LOZI+MOBIUM


■2011.01.06 @ K.D.JAPON 18:30/19:30  2000/2300

DJ sinff (fromアムステルダム) / Flyline[臼井康浩(g) 渓(g)] / 菊池行記(erectronics)+十三(dr)+vokoi(tripon/710.beppo/ARch)(映像)


■2010.01.21

机と椅子と人vol.1

@K.D.JAPON 18:30/19:00 \1500

菊池行記 / 福島諭 / 飛谷謙介 / 成田元彦 / 福井恒太郎 / 谷浦朋文


■ 2010/12/11(土) @ King Biscuht

「彼女たちには判らない 002」

Elles se rendent pas compt

メルチ(with 本田聖一郎)

ボン

坂巻めぐみ

河合渉(uzu)

Ansonic

18:30 open

19:00 start

¥1500(1drink in)


■2010.11.28(日)

@parlwr inter Stream vol.1

2010.11.28(日)

石上和也+炭鎌悠

菊池行記+清水よしみち(mozaico代表)

POCA+村上ゴンゾ+ZKY

聖澤聡(fromスティーブジャクソン、シロップ)

(TestToneMusic企画)


■2010.11.06(土)

@落合soup

ohp vol.5 [ elecphilia ~ tokyo / nagoya static-links ~ ] 

open / 18:00 start / 19:00

adv / door ¥2000(+1drink ¥500)

act:

tokyo side ;

■LINEKRAFT

■ASTRO + ROHCO

■GOVERNMENT ALFA

■disk-3

■ANSONIC [ 菊池行記 / computar + 武藤宏之 / electronics]

■NOISECONCRETE


■2010.10.20(水)

@鶴舞K.D.JAPON

18:30/19:00 2300円

〜CONCERN tour of Japan〜

CONCERN from オレゴン

Flyline[渓(g) 臼井康浩(g)]

ANSONIC [菊池行記(computer) + 武藤宏之(erectronics)]



■2010.10.16(土)

地と図vol.29~sound shapes silence~

@カルヴァドス

7:30start 1500円ドリンク付き

sandmachine(岡崎豊廣、菊池行記)

柳川芳命ソロ


■10月8日(金)

20x20 Vol.1

@鶴舞K.D.JAPON

18:30/19:00 1500円

ガイ(gt) 臼井康浩(gt) 長坂均 (tp) NOB(perc) 菊池行記(electronics) 聖澤聡(syn,sax) 小野浩輝 (gt) 小埜涼子(sax) 武藤宏之(ds,electronics) 十三(ds) 来島里奈(vln) Leah Ann Sullivan(poetry reading) Bob Sliwa(sax, photograph) 三品鐘(photograph) miu(photograph) 柚木ミサト(illustration) 小田巧(gt,illustration) 古田一晴 (videos) その他多数


■9月27日(月)

@今池HUCK FINN

18:30/19:00

\1800/\2100(DRINK別)

Fukte JAPAN TOUR 2010 in NAGOYA

Fukte (from Italia)

ANSONIC [菊池行記 / computer + 武藤宏之 /erectronics]

FLYLINE [臼井康浩+渓]

POCA

ナリタ [マルオト / Steve Jackson]


■TestToneMusic presents vol.6 〜運動する切断面と生成される内在平面〜

@鶴舞K.D.JAPON

2000円(+1D 500円) 18:30open /19:00start

PAINJERK(東京)

浜島嘉幸(パフォーマンス)× 菊池行記(音響)

小野浩輝(HIRU)×武藤宏之(ANSONIC,the Hyakutataki)

NOISECONCRETE+CAZU(Π/EQUAL8)

(TestToneMusic企画)


■7月3日

@K.D.JAPON

タユトーpapertake

ノ瀬大悟デュオ

SpinozaDrone(菊池、東内原)+カネコテツヤ(パカワジ)+金子ゆき(ヴァイオリン)


■7月11日(日)

バスツアーイベント「NOX:PM」

●出演:

菊池行記

豆の木

PHIRIP

LOZI+MOBIUM 



■6月12日(土) ohp vol.4 『PSYING』 @kd japon

宇宙エンジン

dislocation

ANSONIC(菊池行記/武藤宏之 electronics)+ 祥 (c.guitar/ex.一ノ瀬大悟duo)

kotolis


■6月6日 @k.d.japon

タイニーバンパクvol.43[トーマス

ジョンのサン

DEXTER+PHIRIP

カーリーズ


■5月22日(土)

[Be Eat Zero 2010 from KOBE-Katakamuna Vol.5] @ カタカムナ katakamuna 神戸 KOBE

石上 和也 Ishigami Kazuya

竹井 謙太郎 Kentaro Takei

菊池 行記 Kikuchi Yukinori



■5月19日(水) @K.D.JAPON

佐々木匡士

tsujimachiBLD

菊池行記+来島里奈+十三



■4月22日(木)  @新栄daytrive

Escarres (from France)

GU GUAI XING QIU (from France)

Ryosuke Kusunose(drums) / Andrew Farmer (guitar) / Hiroyuki Muto(electronics)

咲かさ雨

菊池行記×小野浩輝



■5月15日(土) at 千駄ヶ谷loop-line

ANSONIC(菊池行記/computer+武藤宏之/electronics)

Kelly Churko(computer)+Kazuma Kubota(electronics)

野本直輝(computer&electronics)+AXONOX(computer&electronics)

菊地良博(computer) +平野敏久(electronics)




■4月4日(日)

「Sound and Affect Vol.1」Live & Lounge Vio

毛利桂 (ex.Busratch,turntables)+Tim Olive (音響, etc )

菊池行記 (electronics)+来島里奈  (Violin)

河村陽介 (electronics)

鈴村由紀 (dance)+堀嵜ヒロキ(drums,percussion)

すう (performance)

+イトウカズヒト (Violin)


PHONO-ELECTUS

山田 亘 Ko Yamada (pipe auros, magnified sound, recorded voices)

村田仁 Jin Murata (sentences, voices)

福岡寛之 Hiroyuki Fukuoka (bio-rhythm)


miu (slideshow)


DJ Mars 古田一晴 (DJ)



■2010.03.20(土)

「ブックマーク名古屋」円頓寺商店街

菊池行記(erectronics)+柳川芳命(sax)+安藤鮎子(パフォーマンス)

POCA(erectronics)

Fandiño Labycz duo(from シカゴ)



■2010.02.24 K.D.JAPON

sand machine+holon +miu


■2010.02.20(土)

Test Tone Music Presents vol.5 ~SONIC OR DIE~ K.D.JAPON

SOLMANIA

ASTRO

ANSONIC(菊池行記/武藤宏之) 

MANGIRL

(TestToneMusic企画)


■2010.01.27(水)ダンススースースーvol.1  K.D.JAPON

小塚千歌—菊池行記(laptop)

鈴村由起—堀嵜ヒロキ(per)

安藤鮎子ー柳川芳命(sax)

森田太朗ー一ノ瀬大悟(コントラバス)



■2009.12.10 ohp vol.2 K.D.JAPON

sikakuojikaku(from France) + ANSONIC(菊池行記/武藤宏之)

contagious orgasm

Guy + Kawai (Uzu) + Okazaki /Kaseo



■2009.11.24 K.D.JAPON

Test Tone Music presnts vol.4  〜speak like a child〜

a snore.(from 京都)

Billy? (菊池、秋田)

the ひゃくたたき

古橋栄二(パフォーマンス)

(TestToneMusic企画)



■2009.11.14 cafe CAWA

ANSONIC (菊池行記 / 武藤宏之)/

臼井康浩 + 大橋純 guitar Duo /

ガイ(guitar) + 来島里奈(violin) /

長崎知世 vs あさま (鍵盤Duo) /

花とゆめ /EMIZAH /coqe /村上雅昭



■200910.31 Tokuzo

アジアン・ミーティング・フェスティバル

FEN(Far East Network)

大友良英 Otomo Yoshihide

ヤン・ジュン Yan Jun

リュウ・ハンキル Ryu Hankil

ユェン・チーワイ Yuen Chee Wai pf, PC

ザイ・クーニン Zai Kuning Gt.per, Vo

DJ Sniff

小野良子(as)

柳川芳命 (as)

Craftwife

菊池行記(electronics)

桑山清晴:handmade electronic



■2009.10.26 KD.japon

Test Tone Music presnts vol.3

flyline

Spinoza Drone

一ノ瀬大悟デュオ

咲かさ雨

(TestToneMusic企画)



■2009.07.26 KD.japon

Test Tone Music present vol.2

Billy?

昼+小野良子

FREE CITY NOISE

(TestToneMusic企画)



■2009.05.09 K.D.Japon

Test Tone Music presents vol.1

ディスロケーション

古田一晴

一ノ瀬大悟

マーマーフーフー

Spinoza Drone/

kikuk(来島リナソロ)

(TestToneMusic企画)



■2009.03.10 K.D.Japon

名古屋頭痛festibal part8

ANALOG SUICIDE(from イスラエル)

the ひゃくたたき

Spinoza Drone

HELLOWORKS



<この間は活動休止期間です>



■2007.05.31TOKUZO

あふりらんぽ

ガイユニット

Acid Mothers Temple & The Cosmic Inferno



■2005.11.14 K.D JAPON

LSD (Brian Labycz + Vadim Sprikut) from USA

津田 謙司 from kobe

syadoooo

福井恒太郎

KIKUCHI YUKINORI + POCA

(TestToneMusic企画)



■2005.07.17 ソニックブリュー

サンドマシーン

ガイ



■2005.04.10 K.D.JAPON

  1. t.okazaki+lozi

  2. u.Billy?

  3. v.魔ゼルな規犬/西出剛//平尾義之

  4. w.JAZZKAMER (from norway)

Mr NATURAL (from usa)



■2004.06.29 日本陶磁器センター 

浜島嘉幸+菊池

KUMOI EIKO

TAKAHASHI KOUJIN

TAKEI YOSHIMICHI



■2005.02.27 K.D.JAPON 

稲見淳/菊池/谷浦朋文/福井恒太郎/甘利あゆ/平尾義之



■2004.9.12 K.D.JAPON

sand machine+鈴木茂流+古田一晴+清川桂史

浜島嘉幸+高橋公仁

ILIOS (ANTI-FROST)+西出剛大

AS11 (ANTI-FROST)

平尾義之

(TestToneMusic企画)



■2003.10.24 BEARS

ASTRO with SPACE MACHINE

THIRD ORGAN

GOVERMENT ALPHA

BILLY?




■2003.10.19 BRIGE

ガイユニット+大野雅彦+高橋匠太

オーラミン+キャラメル・マキ・ヨーコ+西川文章

ガイ+あぶらなぶり

ガイ+内橋和久

トリオ・ザ・ゲバゲバwithゲバゲバ・シスターズ




■2003.5.14 tokuzo

Billy?

NOEXIT

HERMIT

(TestToneMusic企画)




■2002.12.21 canofan

Hypo (France)

Digital Gonzales (Los Angeles)

Sawako

TOG(US)

Billy?

lozi

TERA

koura

minifar(france)



■2002.12.18 TOKUZO

LURA MAES(ベルギー)

MSBR+GOVERNMENT ALPHA

Billy?

lozi

(TestToneMusic企画)



■2002.10.22 TOKUZO

カールストーン

赤松正行

菊池+koura

(TestToneMusic企画)




■2002.9.21 canofan

sevencentral and mountain(us)

endo kazumoto(tokyo)

koura(us)

Billy?

(TestToneMusic企画)



■2002.9.13 canofan

PAUL HOOD(イギリス)

charloey's U-atrocity

DEXTER+浜島嘉幸(身体表現)

(TestToneMusic企画)



■2002.8.18 Tokyo Bullet's

black dot(from Chicago)

DEXTER

kazumoto endo

kaitenmaind

belle

tetuya miyazaki



■2002.8.16 TOKUZO

Billy?

ソルマニア

バスラッチ

みたはるな

(TestToneMusic企画)



■2002.07.08 TOKUZO

ガイユニット

PLASTIC CRIMEWAVE(from Chicago)/

明日は明日のコルベッツ

ゾフィー



■2002.5.24 TOKUZO

Billy?

SOLID EYE(from アメリカ)

SPECULUM FIGHT(from アメリカ)

inBOIL(from アメリカ)

MSBR

(TestToneMusic企画)



■2002.5.3 TOKUZO

sand machine(菊池行記+岡崎豊廣)

オーラミン

K2

(TestToneMusic企画)



■2002.3.26 TOKUZO

Michel Herritzi (DUTBREEDERS from フランス)

DEXTER(菊池行記ソロ)+平尾義之(映像)

this location(岡崎豊廣ソロ)

(TestToneMusic企画)



■2002.03.26 TOKUZO

Michel Herritzi(DUSTBREEDERS from フランス)

DEXTER(菊池行記ソロ)

this location

(TestToneMusic企画)



■2002.1.11 ベアーズ

PAIN JERK

SAND MACHINE

i.d

PheromonsterDISK



■2002/10/12 INSTREAMS4 With Doppelganger UPLINK FACTORY

BILLY?

QT?

Masayuki Akamatsu

ASTRO

(電子雑音企画)



■200101.20 TOKUZO noisecapture presents

<2001円音の旅>岩崎昇平(Monde Bruits)+Jet Vel (Empty Orchestra) +コサカイフミオ(Incapacitants, 宇宙エンジン)+岡崎豊廣(Dislocation)

ガイユニット



■2001.10.18 ARTPORT

赤松正行

Billy?

小島剛

sand machine

ogisopan

2001部 (TestToneMusic企画)



■2001.7.25 TOKUZO

Kapotte Muziek(from オランダ)

materie

.snd2

Billy?

(TestToneMusic企画)



■2001.6.26 河井塾名古屋校

DISLOCATION with 西島一洋

PAIN JERK

Billy?




■2001.4.21 Day Trip

MOKHTAR

BILLY?

限界LOVERZ

STEVE JACKSON

analogue+assembly

ALL OF THE WORLD

world's end girlfriend

UNDERGROUND MAINLINE



■2001.6.6 TOKUZO

BILLY?

Tricky OL

稲見淳

赤松正行

(TestToneMusic企画)



■2001.3.29 今池まつり

YUKINORI KIKUCHI+MSBR TANO KOJI

Billy? (TestToneMusic企画)



■2001.2.28 TOKUZO

Billy?

HIS NAME IS ALIVE(from イギリス)

FELIX CUBIN(from ドイツ)

PRINCESS DRAGON MOM(from イギリス)+MSBR/CONTAGIOUSORGASM

(TestToneMusic企画)


■2001.1.23 TOKUZO

MONSTER DVD

Billy?

CONTAGIOUS ORGASM

KK.NULL&PHILIP (TestToneMusic企画)



■2000.10.06 TOKUZO

ペーター・ブロッツマン(fromオランダ)+羽野昌二

リリヤン製造機[もQ・恵美伸子・菊池行記]



■2000.06-22 ベアーズ 

犬野郎

possession

Aska Temple

ガイ・ユニット



■2000.4.22 今池まつり 

KAZUMOTO ENDO+Billy?

デストロイドロボット

リリアン製造機



■2000.4.26 TOKUZO 

DEFEKTRO

LEHTE

SETH NEHIL&OLIVIA BLOCK(from イギリス)

NIKO




■2000.2.16 TOKUZO  

TOY BIZARRE(from フランス)

MSBR

三浦忠之

Lethe[桑山清晴(g.elec.)菊池行記(elec.)]+松田耕治(sax)



■2000.01.07 TOKUZO 

Mathew Heyner(b.)+柳川芳命(as.)+桑山清晴(elec.)

ヨード

Lethe



■1999.11.2 4TOKUZO 

つる[足立智美,Yuko Nexus,稲田誠]

Billy?

林緑子



■1999.11.17 TOKUZO  

ザ・ヘイターズ(from U.S.A.)

スコット・ジェネリック(from U.S.A.)

MSBR

K2

sand machine+三浦忠之



■1998.12.13 TOKUZO  

ディスロケーション

Billy? (TestToneMusic企画)



■1998.11.07 TOUZO 

全力オナニーズ

ベンザリン

ガイユニット



■1999.08.06 TOKUZO

臼井康浩

ガイ

菊池行記

鬼頭哲

平井秀介

田中もQ

渡辺のりお



■1999.07.17 TOKUZO  

GUGAN

K.K.Nullソロ

ガイユニット

BERY NECK

(TestToneMusic企画)



■1999.06 TOKUZO  

SEED MOUTH

Billy?

(TestToneMusic企画)



■1998.09.05 TOKUZO  

突然段ボール

ガイユニット

AKY BEER



■1998.06.05 TOKUZO

向井千恵

菊池行記+桑山清晴

大野邦彦+桑山清晴

柳川芳命

安藤伸



■1997.11.24 神戸XEBECコンピューターミュージックアンデパンダン Billy?



■1997 MAGAZINE 

UZU

GUY UNIT(ガイ、もQ、菊池)/他



■1997.08 TOKUZO

山本精一

倉知久美夫

ガイユニット



■1997? HUCKFIN  

大名行列

ガイユニット



■1997, 3/8 聖家族

ASTRO

Billy?

三浦忠之



■1997, 6/2 Heaven's Door  Billy?


■1996, 8/5  ヘブンズドア


■1996, 5/26 Bar NOISE 


■1996.09.15 ベアーズ


■1996, 4/21 バーノイズ GUY UNIT/ダルーイン


■1994あたり~:KUKUセッションに参加+自主企画「SONIC OR DIE」を始める。


■1993 HUCKFIN  YO-YOMAN


■1988~1992 関西にて活動する。このころのバンド名は秘密


■1985年 HUCKFIN  川端一氏主催のバンド「えろちか」ではじめてライブをする。







TestToneMusic presents live seriesは活動再開した2009年より主催しているライブ企画です。TestToneMusic主催のライブイベント活動は、1994年からスタートしていますが、新たなシリーズとしてそれ以前の企画とは区別するために2009年よりシリーズ企画として続けています。


VOL.14

2013.03.02 K.D.JAPON

ASTRO (Hiroshi Hasegawa+Rohco) / SOLMANIA / ANSONIC / ZONZONO


■vol.13

2012.11.16 K.D.JAPON

GUILTY.C / ANSONIC / SALMONELLA / ODA takumi


■vol.12

2012.09.26 K.D.JAPON

Daniel Buess(スイス)+Cal Lyall+ 菊池行記 / BOLT Ensemble(スイス) / Philip Brophy(スイス) / Robin Fox(スイス) / 岡野太+小埜涼子+武藤宏之


■vol.11

2012.05.02 K.D.JAPON

Francisco Meirino ( スイス) / Dave Phillips (スイス) / 菊池行記+ ~1escV? (フランス) / ZONZONO


■vol.10

2012.04.03 K.D.JAPON

DIESEL GUITAR / sandmachine + ガイ / ZONZONO / π


■vol.9

2011.11.11 K.D.JAPON

古舘徹夫 / ANSONIC / 村上等+小野浩輝+オダタクミ


■vol.8

2011.05.28 K.D.JAPON

Zbigniew Karkowski+atsuko nojiri / Billy?+清水麗軌 / dislocation+misqui / 武藤宏之+小埜涼子+臼井康浩+Fish on


■vol.7  

2011.04.05 K.D.JAPON

菊池行記×TimOlive×古橋栄二 / Amazing! Chaos and Discipline(ガイ•岡崎豊廣•坂巻めぐみ) / HIRU


■ vol.6

2011 K.D.JAPON 

PAINJERK / 浜島嘉幸× 菊池行記  / 小野浩輝×武藤宏之 / NOISECONCRETE+CAZU


■vol.5

2010.02.20 K.D.JAPON

SOLMANIA / ASTRO / SOLMANIA / ANSONIC / MANGIRL


■vol.4

2009.11.24 K.D.JAPON

a snore. / Billy? + 古橋栄二 / the ひゃくたたき


■ vol.3

2009.10.26 KD.japon

flyline / Spinoza Drone  / 一ノ瀬大悟デュオ  / 咲かさ雨


■ vol.2

2009.07.26 KD.japon

Billy? / 昼+小野良子 / FREE CITY NOISE


■vol.1

2009.05.09 K.D.Japon

ディスロケーション+古田一晴 / 一ノ瀬大悟 / マーマーフーフー / Spinoza Drone / kikuk(来島リナソロ)

experimental music archive シリーズは新しく始めたシリーズ企画です。より実験性が高いアーティストを紹介していきます。

また連動した音源のリリースも目的としています。


■2013.02.21(木) ~experimental music archive vol.3 ~ @ parlwr

DIATRIBES (Switzerland) / 菊池行記 / 臼井康浩


■2012.06.09 ~experimental music archive vol.2~ @ parlwr

BLACK ZENITH / Kikuchi Yukinori / Usui Yahsuhiro

(TestToneMusic企画)


■2012.04.15 ~experimental music archive vol.1~ @ parlwr

Julie Rousse(フランス)/ Kikuchi Yukinori / Usui Yahsuhiro

(TestToneMusic企画)

Test Tone Music Listenig 

ライブだけではないイベント企画として、演奏者の興味がおもむくまま幅広い内容でお送りしています。単なる演奏だけではなく、様々な領域のインスピレーションが広がる企画として始まった企画シリーズです。


vol.1

2014.10.04 @Bar Scivias

Kikuchi Yukinori/takagi hirokazu/会長桜井/MAGURO

vol.2

2014.11.29 @ BarScivias

Kikuchi Yukinori/takagi hirokazu/会長桜井/MAGURO / Tim Olive × Anne-F Jacques (カナダ)

vol.3

2015.01.17 @ Bar Scivias

Yum / 小林雅典 / Kikuchi Yukinori / takagi hirokazu / MAGURO

vol.4

2015.03.21@ Bar Scivias

Kikuchi Yukinori / takagi hirokazu / 石上和也 / 会長桜井 / おおば / 小野浩輝

vol.5

2015,5,23@ Bar Scivias

ODA takumi / 津谷昌弘 / 谷浦朋文 / Kikuchi Yukinori / takagi hirokazu / 会長桜井 / MAGURO / おおば

vol.6

2015,8,29@ Bar Scivias

fukui koutaro / kaseo / Kikuchi Yukinori / takagi hitrokazu / 会長桜井 / おおば



<大庭によるレビューを毎回掲載しています>


Test Tone Music Listening vol6


出演(出演順)

takagi hirokazu

fukui koutaro

kikuchi yukinori

Kaseo

DJ

会長桜井

前説

おおば


モジュラーシンセ奏者のfukui、Kaseoを迎えてのTTMLvol6。モジュラーシンセといっても考え方、使い方に大きな違いのある二人とレギュラーメンバーのkikuchi、takagi。一言にノイズと言っても多種多様だということをあらためて知った。


一番手はtakagi hirokazu。

ターンテーブルを使ってのサンプリング・ミュージック。二台のターンテーブルの上には5枚づつのレコードが載っていて、レコードを取出す手間が省ける。他にも銀色の棒をターンテーブルの上に交わしたり色々カスタマイズしてある。レコードの種類は多種多様、クラッシク〜ロック、ノイズなんでもある。takagiは音楽の扉の開け方がいっぱいあるからこういう選択ができる。

「レコードを動かす手元に注目して欲しい」と述べてから演奏を始める。音をその場で切り貼りしていくtakagiの手元は見ていておもしろい。レコードをひっくり返したり、取り除いて行ったりで手元は忙しい。そして音の展開も手と同じように早い。次々と変化していく。Takagiのターンテーブルはやはり何か癖になる。

演奏後、kikuchiがtakagiにいつものように辛口コメントをしている。くすぐったそうに苦笑いするtakagi。kikuchiとtakagiはBilly?のメンバーでもあり、20年来の関係である。2人の空気感に居心地の良さを覚える。

Billy?→kikuchiとtakagiが所属する4人組のバンド。今年で結成20年になる。)


二番手にfukui koutaro。

海外旅行に行くような大きなスーツケース大の黒い箱には大量のモジュールがつまっている。そこからパッチケーブルがあふれ出ていて圧巻だ。始まる前、fukuiはこれらをセッティングするのに四苦八苦していた。大量のケーブルは一からセッティングしていく。ケーブルを差し終えた後も細かな調整が必要なようで、途中何度か音を上げていた。モジュールはfukuiが一つずつ買い集めたものでそれを箱へ詰めて使っている。アメリカ製のモジュールは性能がいいと言っている。観客からの質問が飛び交う中、ラップトップとモジュラーシンセの違いは?という質問にfukuiは

「ほとんど際限なく音を出すことが出来るラップトップに対してモジュラーシンセではそれができないことだ」と答えていた。

fukui特有のピコピコと軽快な音はどうやって出しているのだろうか?アナログシンセと「アナログ」と銘と打っていても電子回路に弱い人間にはfukuiの手元が見えてもあまり理解できない。しかし観客の中にはそういうものを理解している人達もいて、質問では難しい用語も飛び交った。軽快な音の一つ一つには重さがあった。


三番手のkikuchiはラップトップを使用する。

fukuiを観た後のラップトップは最上級の謎のBOXにみえてくる。ジャックもコードもないこのスマートなBOXからいったいどのようにして音を出すのだろうか?

 演奏の前に、kikuchiは「重力と恩寵」という本の文をいくつか朗読する。これはシモーヌ・ヴェーユというフランスの思想家が書いたもので、主にキリストについての思想が描かれている。「神との正しい関係は、観想の場合は愛であり、行為の場合は隷属状態である」そんなようなことを云っていた。そして、fukuiの演奏を観ての感想を「モジュラーシンセでもラップトップでもfukui君はfukui君の演奏だった。僕も(kikuchi)何を使ってもきっと変わらないと思った。」と述べた。(※fukuiはラップトップでも演奏する)

演奏はkikuchiの本領を発揮したようなドローンだった。境界線上を走るような低音、それを越境したり戻ったりしながらひたすらその上を走り続けるそんな感覚を抱いた。

kikuchiが最初に朗読した内容が理解できなかった。「自分の意思では絶対しないが神に促されればそれをする」これはどういう事なのでしょうね〜。不思議ですね〜。と面白そうに言っていたが、キリスト教の感覚はよく分からなかった。しかし演奏を聞き終わった今、少し分かる気がする。


ラストはKaseo。

お菓子が入っていそうな大きさの銀色の箱の上にジャックがたくさんついている。それがKaseoの自作モジュラーシンセだ。「神と対話するための装置」と本人は名づけている。机の上にそれだけがちょこんと載っていて、身体の大きいKaseoがそれをじっと見つめている姿は印象深い。シンセサイザーの中身を取出し、それをモジュラーシンセに改造した。スイッチを入れると童謡とかその類の音楽が流れる。パッチングケーブルを差し込んでいくと曲がいきなりノイズ音になる。ケーブルを差せば差すほど音は変化していく。また音が止まる場合もある。今回、Kaseoの好意によりこの場にいる全員が「神と対話するための装置」に触ることができた。1人ずつ順番にケーブルを差していく。誰が音を止めるか、「黒ひげ危機一髪」のような盛り上がりになる。皆で音を出したら今まで聞いたことのない音がいくつも出たと言っていた。Kaseoの演奏しているそれは観取に似ている。観取とは最後まで看取るという意味だと誰かが言っていた。観取、それは受け入れと抵抗が混在している姿だと認識する。

先ほど、kikuchiが朗読したものを一番理解したのはKaseoかもしれない。


端書

 今回、モジュラーシンセというツールは同じなのに全く、異質な2人に驚いた(上記を読んでそれを理解してくれていることを心から望んでいる)。そして今回の4人の出演者を比較していと、色々想像が膨らんでいった。想像が膨らみ過ぎて混乱した。しかしそれはそのまま置いておくつもりだ。次回もどんな驚き、混乱が出てくるのか楽しみだ。



TestToneMusic listening vol.5   


5/23(土)  音楽&薬草bar Scivias

前回にも増して機材が店内を占領している。この機材の多さに立ち見が出るのではないかという冗談が出る。それが半ば現実のものとなったTestToneMusic Listening vol.5。


【出演(出演順)】

takagi hirokazu(以下takagi)

津谷昌弘(以下津谷)

谷浦朋文(以下谷浦)

菊池行記(以下菊池)

ODA takumi(以下ODA)

【DJ】

 会長桜井

 MAGURO

【ビジュアルデザイン】

 おおば



1  takagi hirokazu

 レギュラーメンバーであるtakagiから始まった。takagiは「ピアノ音源のコラージュを楽しむ」と題し、ピアノとターンテーブルの意外な組み合わせから作られる音楽、鍵盤楽器の可能性を表現するという。ターンテーブル2台とピアノ音源のレコード4枚を使いそれを表現する。

 菊池のヤジに笑いがこぼれる。

 誰もが一度は聞いたことのあるピアノ曲がブチブチと切れる。曲の速度が速くなったり、遅くなったり、キュキュー、ピキッ、クニュと鳴る。ショパンがクニュッとなる。ベートーベンがピキッとなる。モーツアルトがキュキューとなる。だんだんそういうものが癖になってくる。


2 津谷昌弘

 津谷は即興やノイズをやっているが、今はその音を使って映画も創作している。津谷は微妙なズレというものを大事にしているという。そしてそれに気持ち良さを感じるという。彼は気持ち良い悪いに価値を置いている。

その津谷が今回持ってきたものは「Between Regularity and lrregularity」。ベルリンでも上映された自身の短編映画。上映時間7分50秒、ノイズ音楽とプログラムと実写の合わせで構成。抽象的な画像の動きと音が合っていて津谷のいう気持ちいいというものに共感できる。音は、スピーカーから直接出していてキュッとまとまっている。以前にも見たことがあるが、ここで見るそれはまた良い。

その後アメリカ実験映画の巨匠スタン・プラッケージの映画、「Night Music」「Love song」「Moth Light」の3つを上映。フイルムに直接描くハンドペインティングや蛾の羽などを直接フィルムに貼る付ける技法に津谷は少なからず影響を受けている。

少し長くなるが津谷のコメントをここに転記する。

『20年以上前に二人で即興演奏していた時に、相手がどのタイミングで音を出すか、自分の予想と少しズレた時にすごく気持ち良くて、また、バッファーのある音源とシーケンサー使って音楽作っていて、音源にたくさんの情報を送ると、音源が処理できなくて、痙攣したようなタイミングになり、同じ気持ち良さを感じてました。そういう気持ち良い部分を続けたくて音楽を作ってライブをしてました。

映像に関しては、具象的な物を避けています。

名前があったり、見たことがあるものは、わかったつもりになって、映像その物の気持ち良さを見ようとしなくなると感じています。

でも、カメラを使うとどうしても、具象的になってしまうし、かといってプログラムで新しいものを作っても、どうしても自然の後追いで、未だに自然と同程度クオリティーの物が作れないと感じています。

苦肉の策で、実写、プログラム等を組み合わせて、見たこと無いものにするか、見たことあっても、何か新しい要素を組み込もうとしています。』


3谷浦朋文

谷浦は改造した機材を持ってきた。改造というよりも「壊した」と言った方が正しいかもしれない。「バクった」音を出すために改造をする。だから、一度出した音をもう一度再現しようとしても不可能な事だ。そしてどんな音が出るか触ってみなければ演者でさえわからない。

今回谷浦が持ってきたバグった機材は、ドラムマシン(YAMAHA R×1)と電子ギター(CASIO DG7)。機材を説明しながら演奏する音はバグっている様には思えないほどみずみずしい。しかし、2度目、同じように音を出そうとした時には勝手が違った。音が出ない。そんな機材の気まぐれを谷浦は楽しんでいる。谷浦は究極のインプロを楽しんでいる。そしてそういう思いは周りの人間に伝染していった。


4菊池行記

今回、菊池のテーマは「不気味なものについて」。終局へと至らないためには迂回路として「不気味なもの」はある。立ち止まるためには崇高さの対象を不気味なものに置き換えること。解釈を生み出さない何かを生み出し続ける事について。ヤンキーカルチャー、ノイズ、ゾンビ、TGをとりまぜて語るという。

新潮4月号に掲載している、浅田彰、中沢新一、東浩紀の鼎談「現代思想の使命」をもとに話を進めていく。聞き手役にMAGURO。菊池は「不気味なもの」→「マージナルアート(ヤンキーカルチャー、ノイズ、ゾンビ、TG)」へと話を進めていきたかったようだ。しかし、まとまらなかった。そしてそのままトークが終わった。こういった大きなテーマを短時間でまとめることは不可能に近い。崇高と美は対立的な立場で、美と快は同種としているが、よくわからない。そうはいっても、菊池のトークは難しくもあるがいつも興味深い。

ライブは、難しい話を聞いた後の麻痺した頭に響いていく。自身が、店全体が音に浸食されていく。同じような音でありながら少しずつ変化していく音。もしこれをレコードか何かで最初と最後だけ聴いた場合、きっと全然違った音に聴こえるだろう。それは不気味なもの、だろうか。

ライブ後にこれは不気味なものを意識したものなのかと聞いた。違うという答えが返ってきた。



5 ODA takumi

少し進行がゆっくりでもう10時をまわっていそうだ。ODAの目の覚めるような尖がった音は聴く者の意識を覚醒させる。以前見たODAの髪は腰ぐらいまであった。今はスポーツ刈りが伸びた位の長さになっている。共演者から好青年になったと話題になっていた。ODAの話し方は穏やかで見た感じ、どこにでもいる優しそうな青年だ。その分、彼の出す音とのギャップがおもしろい。シンセサイザーとエフェクター、サンプラーそしてコンタクトマイクを使ったODAのライブ。

はじめてノイズのライブを見たのは1年半位前のTestToneMusic企画だった。とても衝撃的だった。どうしようもないことでも外に出すことができることに気付いた。その時の出演者にODAもいた。ODAの音はあの時の衝撃を思い出させてくれる。


端書

今回、TestToneMusicの出演者はバラエティーにあふれていた。同じような音楽をやっているはずだが、皆、方向性が少しずつ違いその1人1人がしっかりしたものを持っている。それらの個性がこのTestToneMusic Listeningを通して何かしらの化学反応起きたのだろうか?vol.5開催するにあたって主催菊池は「解決すべき何かはない」と述べていた。


TestToneMusic listening vol.4


3/21(土) 音楽&薬草bar Scivias

主宰Kikuchi Yukinori。同名のレコードレーベルもある。2014年場所をbar Sciviasに移し新たにTestToneMusic listeningとして再開。以前と同様ノイズミュージック、実験音楽などを扱う。音楽的なことや芸術的なことその他なんでも自由にコミュニケーションできる場を作ることを心掛けている。

以下は、3月21日に開催したTestToneMusic listening vol.4のレビュー。


【出演】

Kikuchi Yukinori(Billy?)

takagi hirokazu(Billy?)

石上和也(Billy?)

小野浩輝

会長桜井(DJ)

おおば(インスタレーション)

【タイムテーブル】トーク→ライブという形態をとり、合間にDJが入る

DJ(会長桜井)

1トーク(Kikuchi Yukinori)

ライブ(Kikuchi Yukinori+おおば)

DJ(会長桜井)

2トーク(小野浩輝)

ライブ(小野浩輝)

DJ(会長桜井)

3トーク(石上和也)

ライブ(石上和也)

DJ(会長桜井)

4トーク(Billy?)

ライブ(Billy?)

機材が店内を埋め尽くし、会長桜井(以下桜井)が音楽を流している。ライブの合間、合間にDJ桜井が活躍する。桜井が作った曲も流す予定らしいが、どこで流すかは秘密という。

うれしいことに今回初めて参加する観客もいる。トーク&爆音ライブが始まろうとしている。

1

Kikuchi Yukinori(以下Kikuchi)のトークから始まったTestToneMusic listening vol.4。Kikuchi自身あまり客入りを期待していなかった感があり、話は近況報告から。ただ、事情をあまり知らない人々の前で話すことでもないことだと少し戸惑っているようにもみえる。近況報告を終え、話はジョンケージへと移る。

ジョンケージとダニエルシャルルの対談を収録した「小鳥たちのために」という本を片手に話が進む。興味深い話ではあるが、難しい。Kikuchiは哲学の話をしている。哲学とは1つ1つの言葉の積み重ねによって構成されていくと聞く。この短い時間でKikuchiの言わんとすることを本当に理解するには「小鳥たちのために」を熟読している必要があるだろう。しかし、その話に興味が湧いてきて、その本を読んでみたくなった。

「繰り返しは生成を生む」とKikuchiは解説する。毎年冬から春にかけて奥三河で開催する花祭りを思い出す。楽器は笛と太鼓、鈴。シンプルで単調な音と共に舞う踊り手たち。その舞もまたシンプルで同じ動きを繰り返している。そして見ている者はだんだんそれに引き込まれていく。そんな経験と相まって「繰り返しは生成を生む」という言葉が心に深く突き刺さる。

Kikuchiのライブはおおば(以下大庭)のインスタレーションとの共演。大庭とは私のことだ。

ラップトップを駆使したKikuchiの低い音の中、モニターの画像が再生、早送り、巻き戻し、再生を繰り返す。そんな繰り返しがおもしろくなってきた時、音が途切れた。ライブが終わった。もう少し続けたかった。Kikuchiは大庭のインスタレーションを気に入らなかったのかもしれない、と心が疼いた。

2

小野浩輝(以下小野)のトークは自身の「音楽と生活」というCDについてと機材の説明。CDは2年ほど前、小野が結婚した頃に制作したもの。限られた短い時間の中、ものすごい集中力で作り上げた力作と説明。

小野のライブはサンプラー、ドラムマシンそしてエフェクターを使う。彼のライブは以前にも見たことがある。機材はどんな押し方をして同じ音がでるはずだ。しかし小野はそれを一生懸命押す。そこには小野の人を楽しませる開けた魅力が詰まっている。今回も以前同様、一生懸命ボタンを押す小野。以前と違うところはそのライブを間近で見ることが出来ること。小野の手元が良く見える特等席。このイベントではこういう特等席だけしかない。

3

大阪から来た石上和也(以下石上)。Kikuchiそしてtakagi hirokazu(以下takagi)とは20年来の仲間だと言う。ただ20年間ずっと一緒に活動していたわけではない。したがって今回久しぶりの再会になる。20年の間には意見の食い違いなどもあったろうと想像する。そしてそれを乗り越えた者達だけが持ち得る明るさのようなものがこの3人の間に見える。

ずっと音楽と向き合ってきた者が明るく軽い調子で自身の音楽についてトークをする。そこにはずしりとした重さを感じる。石上の前に演奏を終えた小野を引き合いに「僕は小野君のように派手なことは出来ませんが…」という言葉が印象的。

いくつもの自作シンセサイザーを駆使した石上のライブは、これが本来のノイズなのではないか、という説得力のある音だった。シンプルな低い音だが決して簡単な音ではない、重みと厚さがある。計算しつくした音のようでもあり、計算だけでは作り出せない音のようでもあった。

店の窓が少し開いている。しかしそこから外を眺めることはできない。石上の音を聞きながら、窓の外の世界を創造する。

4

大トリは「Billy?」。Billy?とはKikuchi、takagi、石上そして宮崎の4人の構成。今回、宮崎はいないので、本当をいえばBilly?メンバー内3人での演奏ということになる。石上の所でも少し触れたが、Billy?は結成して今年で20年という。しかし、活動自体はあまりしていないらしく、3人が一緒に演奏するのも数年ぶりになる。

ミュージックコンクレートとノイズの中間のようなものをやると説明の後、ライブが始まった。さすが大御所達の音。ただ、面白くなってきたと思うとお互いが躊躇しているのでは?といった場面も見受けられたが、本人達はそういうのも楽しんでいるようだった。

久しぶりのライブ、そして直前までBilly?としてライブをするか迷っていたという。Billy?20周年に向けて活動を活発にしていきたいという話を聞いた。宮崎が加わるとBilly?は万華鏡のような音のパノラマが広がるという。4人揃ったBilly?を見たくなった。

端書

Kikuchiの「トークをしたくてこのイベントを開いている」という言葉が印象に残る。ノイズなどという音楽をやっている人達は心にどんなものを抱えているのだろうか?このような音楽をやっている人達は自分たちの音が一般受けしないことを覚悟している。それでもこれがいいという絶対的な孤独、そしてその孤独と同じだけ人を求める。決して迎合主義には陥りたくないと言う純粋さそしてその純粋さと同じだけ不純物を求める。勝手な想像であるが、このような矛盾がライブの意義でありこのイベントの原動力なのかもしれない。

他人の話声がどこにいても聞こえてしまいそうな空間での語らい、議論は演者と観者との境界を曖昧にし、理解を深めていくはず。レトリックに惑わされなければ。


文責 大庭